プライバシーを気にせず安心して受診できる特別外来

発毛外来について

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態をAGA(エージーエー AndroGenetic Alopecia 男性型脱毛症)といいます。近年、このAGAが注目されつつあり、有効な治療法も出てきています。

薄毛に悩む人

AGA男性型脱毛症について

AGAは、おでこの生え際や頭の頭頂部から脱毛が進み、頭髪が薄くなっていくのが特徴です。どちらか一方、または双方から脱毛が始まり、放置すると緩やかに進行していきます。20〜30代からの薄毛(若年性脱毛症)や、40代からの薄毛(壮年性脱毛症)なども、AGAに含まれます。

AGAのメカニズム

頭髪は、発毛から成長、脱毛をくり返しており、これを「ヘアサイクル」と呼んでいます。AGAは、このヘアサイクルが乱れ、発毛した毛髪が育たず弱いまま抜け落ちてしまう、又は薄い毛ばかりになってしまう状態をいいます。このヘアサイクルの乱れの原因としては、まだ解明されてない部分も多くありますが、現在AGAリスクとして判明しているのは男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の作用となっています。

通常のヘアサイクルと乱れたヘアサイクル
AGAセルフチェック

脱毛や薄毛が気になってきているという方は、セルフチェックをしてみましょう。AGAの特徴的な症状と照らし合わせることによって、AGAの可能性を確認します。

  • ・シャンプーやブラッシングの際の抜け毛が目立つ
  • ・起床時、枕元に抜け毛が多く見られる
  • ・家族に頭髪の薄い方がいる
  • ・思春期より後に毛が抜け始めた
  • ・抜け毛が年々進行しているように感じる
  • ・額の生え際が後退してきた
  • ・頭頂部の髪の毛が薄くなってきた
  • ・額の生え際、頭頂部、両方が薄くなってきた
  • ・産毛のような細くて短い毛が多くなってきた

セルフチェックですので、あくまでも目安となります。ですが、当てはまる項目の多い方はAGAの可能性が高いので医療機関で正式な検査・治療を行うことをお勧めします。

AGAは進行性の脱毛症です

AGAの脱毛のパターンは特徴的で、生え際から薄毛の部分がM字型に広がっていくパターン、頭頂部がら薄くなっていくパターン、又はその混合型があります。いずれにしても、治療又は治療にのっとった生活習慣の改善を行わない限りは、脱毛は進行していきます。早期に治療を始めればその分成果が出やすくもあります。ですが、進行してしまったAGAでも、根気よくじっくりと治療に取り組んでいい結果を出している方もおります。あきらめないことが肝心です。

AGA薄毛の進行図