浜松市のかかりつけ医ながはしクリニックの一般診療

小児科

地域の皆さまの「かかりつけ医」として体調不良や病状があればお気軽にご相談ください。当医院の担当外の病気と考えられる場合にも、信頼できる専門医および医療機関を迅速にご紹介いたしますのでご安心ください。

診療内容

お子さまの急な発熱、腹痛などの症状に対する治療を行います。感染症・喘息・アトピーなどのアレルギー疾患も診察治療しております。また、麻疹、風疹、三種混合ワクチン(百日咳・破傷風・ジフテリア)、日本脳炎、BCG(ツベルクリン反応を含む)おたふくかぜ、みずぼうそう等の予防接種も行います。

内科の主な症状と疾患(発熱・喉の痛み・貧血・腹痛・頭痛)

小児科での取り組み

各種予防接種の実施

受ける予防接種のワクチンの効果や副反応などで疑問や不明点があればあらかじめ医師にご相談ください。成長途中の子供の体は、まだ病気に対する免疫が少なく、無数の感染症にかかってしまう危険性が高くあります。予防接種は若干の危険性も含まれますが、受けることによって得られるメリットとを考えてご利用ください。疑問や不安はご質問いただければお答えいたします。

小児ぜんそくは早期の治療と長期のサポートが大事

小児喘息は、以前に比べ低年齢化し、患者数も増加傾向にあります。増加の原因は大気汚染や食品添加物ともいわれております。 小児喘息は、しっかりとした体調管理と治療を行っていれば、肺が成長するとともに症状が少なくなり、無症状となることが多いです。ただし、治療をおろそかにすると重症化し、成人になっても発作をくり返すようになる可能性が高くなります。 そのため、初期の症状の段階から、ご両親が症状を理解し、お子さまの生活環境を整えてあげること、いつでも医師のサポートを受けられるようにしておくことが肝心です。
当院では、小児喘息に対しての治療と経過観察とともに、ご両親に対しての生活指導のサポートも行っております。

小児アレルギーを改善する

小児は気管支の粘膜や腸管粘膜、皮膚のバリア機能が未熟なため、アレルギー反応を起こしやすい傾向にあります。さらに、両親から敏感なアレルギー体質を受け継いで発症する場合もあります。
また、成長するにつれて症状が変化していくことも小児アレルギーの特徴です。アレルギーの原因となる抗体の種類が、年齢とともに変化し、次々に移り変わっていくことを「アレルギーマーチ」とも呼んでいます。発症したアレルギーの症状は、年齢とともに治まっていく場合もありますが、全ての症状が長く続いてしまう場合も多々あります。
アレルギーの治療は、早ければ早い程、アレルギーマーチを未然に防ぐことが可能です。根本から治すには、アレルゲンからお子さまを守る生活環境を整備し、さらに医師による治療とサポートを怠らないことが肝心です。お子さまの体に優しい治療を心がけ、症状に合ったサポートを行っておりますので、ご相談ください。